未来のAI、夢か現実か—人間を超える知能は実現するのか?

2023.12.14

WorkWonders

FTの編集長であるルーラ・カラフ氏とOpenAIの共同創業者サム・アルトマン氏は、将来の人工知能(AI)の可能性について興味深い見解を示しています。
現在、一般的なAI(GAI)への期待は高まっていますが、その応用や性能には限界があることを投資家は忘れてはなりません。AIの進化が企業の利益にどう結びつくかはまだ明確ではありません。

実際、気象予測など既存のモデルを上回る結果を出している一方で、異常気象や新しい課題には苦戦しています。また、この技術は間違いを自ら認識する能力にも欠けているため、その精度を高めるためにはさらなる研究と開発が必要です。
職場でのAIチャットボット支援の研究では、生産性向上に一定の効果があったものの、経験豊富な従業員にはほとんど改善が見られないという結果も出ています。
AIがもたらす「超知能」が本当に可能かどうかは、答えが出されていません。

新しいAI革命の波が2024年にやって来ると予測されていますが、その効果とコストのバランスが大きな課題となっています。
私たちの未来にどれほどの影響を与えるのか、その可能性を共に考えていきましょう。
あなたはこの技術の未来についてどう考えますか?コメントでぜひお寄せください。

出典 : https://www.ft.com/content/26d9f37b-bf22-4662-9fc8-1a1ae50011f3

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :