AI執筆と人間の筆跡、教育現場で許されるのか?

2023.12.14

WorkWonders

近頃、AIによる文章生成技術が注目されていますが、教育機関が生徒の作文を評価する際、AIが生成した文章か否かを見分けることが新たな課題となっています。本来、文章執筆は言語を学び、思考を深める過程ですが、AIによる文章生成ツールが普及することで、この学習過程がおろそかになる恐れがあります。

AI文章生成ツールは非常に流暢なテキストを生成するが、人間の生成するテキストと区別することが必ずしも簡単ではありません。特に、非ネイティブスピーカーや特定の方言を話す学生の文章は、AI生成の疑いを掛けられがちです。こうした状況は、学生に対する不当な監視や疑念を強めることになります。

一方で、文章分析ツール「GPTZero」のような、AIによる文章か人間による文章かを判定するツールが存在しますが、これらは誤判定を生むリスクが高く、特に言語的マイノリティーに属する学生にとって不利な結果を生じさせる可能性があります。

文章の生成においてAIに頼ることなく、言語の深い理解を求めるのは教育の基本であるべきですが、同時にテクノロジーを理解し、批判的に使う能力も育てるべきです。従って、学生の書いた文章をAIの産物だと決めつけるツールの使用は避けるべきであり、批判的なAIリテラシーを育成することこそが教育者の使命です。

出典 : https://writerethink.medium.com/against-the-use-of-gptzero-and-other-llm-detection-tools-on-student-writing-b876b9d1b587

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :