多言語翻訳ツールを自作しよう!ChatGPTを活用した手順ガイド

2024.02.09

WorkWonders

あなたもChatGPTのAPIを使って、多機能な翻訳ツールを作ることができます。このツールは、異なる言語で書かれた案内を一度に作成できるので、マレーシアのような多民族国家の旅行だけでなく、国内の観光地でも大いに役立ちます。
日本でも観光客が増え続ける今、お店の案内を多言語で表示することが求められていますが、そんな時にChatGPTが強い味方になります。
ChatGPTは多言語に対応しており、簡単に指示を出すだけで翻訳ができます。
今回は、「Node.js」というJavaScriptの実行環境を利用し、Webサーバー経由でChatGPT APIにアクセスして翻訳するツールを作成します。
すでにNode.jsをお持ちであれば、プロジェクトの準備として、必要なライブラリのインストールから始めます。APIキーを取得後、提供された「server.js」プログラムとHTMLファイル「index.html」を使って、サーバーを立ち上げれば設定は完了です。
Webブラウザから「http://localhost:3001」にアクセスして、画面上の指示に従い翻訳したい文章を入力するだけで、すぐに翻訳結果を得られます。
このツールを使えば、あなたも国際的な案内表示が手軽にできるようになるでしょう。

出典 : https://news.mynavi.jp/techplus/article/zerojavascript-29/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :