AIと人間の境界──バイルシンポジウムが問う未来

2024.02.12

WorkWonders

ウェンズデーに開催されたバイルシンポジウムでは、最もポピュラーなAI技術であるChatGPTの力を探るインタラクティブなイベントが行われました。クレイ・ジェンキンソンという著名なスピーカーがAIに関する講演を行い、その間にジャーナリストやChatGPTの専門家がリアルタイムでレポートを作成し、会場で読み上げられました。
このイベントでは、AIがどのように真実や公共の意見、選挙さえも操作する「ポスト・トゥルース」の時代を生み出しているのかが議論されました。また、AIによって書かれたレポートが、ジェンキンソンの声を真似たAIによって読み上げられるという驚きの展開もありました。
ジェンキンソンは、AIがどのように教育や文学に影響を与えるかについて話し、学生が「ハムレットはなぜ躊躇するのか」という問いに対するエッセイをAIを使って書く時代、つまり「ポスト・リテラシー」の時代が到来していることを示唆しました。
「ガテンベルグ革命」とAIの出現とがもたらす知識と創造性への影響を比較し、技術進歩の速さが私たちの文化や知的探求の深さと人間らしさをどのように保持していくか、その課題を投げかけたのです。

出典 : https://www.vaildaily.com/news/a-vail-daily-reporter-matches-wits-with-chatgpt-at-vail-symposium-event/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :