ChatGPTの悪用?無料でマクドナルド食事券100枚を手に入れた男

2024.02.16

WorkWonders

ある「富豪」ビジネスマンが、人工知能システムChatGPTを使用して、架空のクレームを生成し、マクドナルドに100回分の無料食事券を騙し取ったとポッドキャストで自慢した。この男性は、レジやテーブルからレシートを盗み、そのユニークコードを使ってマクドナルドのフィードバック調査を起動する。
彼は「Big Macの注文がひどい経験だった」という内容で1,200文字以下の文章をChatGPTに作成させ、非常に不満足な回答をすべての質問に入力する。
その結果、数時間後には無料の食事券が電子メールで送られてくるという。

この行動はマクドナルドに対して100枚のバウチャーをたった9ヶ月で得ることに成功し、彼は「無料だと味が良い」と主張しているが、YouTube上でのコメントでは彼の行為に批判的な意見が寄せられている。「誰にも害を与えない」と主張する彼の行為が、最悪のケースでは特定の支店が閉鎖されるリスクに晒されることを指摘する声もある。
最低賃金で働く従業員にも悪影響が及ぶ恐れがあり、彼のような行動をとる人々がいることに多くの人々が問題視している。

出典 : https://nypost.com/2024/02/15/lifestyle/ive-gotten-100-free-mcdonalds-meals-thanks-to-this-chatgpt-hack/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :