スマートデバイスとAI、アップルが開拓する次世代のユーザー体験

2024.06.14

WorkWonders

アップルは、スマートフォンやタブレット、パソコンの使用体験を飛躍的に向上させるための人工知能(AI)開発に注力しています。
WWDC 2024で明らかになった独自の大規模言語モデル(LLM)は、アプリケーションにまたがって多機能に活用され、ユーザーの行動を予測し、必要な情報を通知します。
また、プライバシーを尊重しつつオンラインでサーバーと連携し、情報の処理を行います。
一方で、Appleはプライバシーに配慮し、端末内で完結する小規模モデルと共存する形でLLMを搭載。

Apple Intelligenceと名付けられたAIでは、言語モデルを活用して端末内の情報を整理し、本質的で適切なアドバイスを行います。
端末を使いこなすための具体的な機能に特化しており、余計な選択肢には分岐しません。
さらに、チケット手配など端末での個人的なタスクをサポートすることで、プライバシーを守りつつ日常生活をより効率的にすることを目指しています。
米国市場でのベータテストを経て、段階的に機能を拡大していく予定です。

出典 : https://www.gizmodo.jp/2024/06/a-non-competitive-llm-with-rivals-apple-intelligence.html

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :