北朝鮮のハッカーがChatGPTでLinkedInを狙う! 新たなサイバー攻撃手法の脅威

2024.02.21

WorkWonders

北朝鮮のハッカー集団が、人工知能を搭載したChatGPTを用いてLinkedInやその他のSNSで
ユーザーを騙し、機密情報を盗む事件が報告されています。Microsoftの調査によると、中国、イラン、北朝鮮、ロシアと関連がある
5つのグループが特定され、関連アカウントが停止されました。中でもNorth Korea-affiliatedのEmerald Sleetは、信頼できる機関に偽装して犠牲者をおびき寄せていました。

また、北朝鮮は、IT企業に潜入した海外で働くIT労働者を使い、ソフトウェアに悪質なコードを埋め込むことで
暗号通貨を盗むなどの手口にも及んでいます。サイバーセキュリティ会社Chainalysisの調査によると、北朝鮮のハッカー集団は
信頼に足るリクルーターのプロフィールをLinkedInなどで作成しているとのことです。

これらの報告は、AIの悪用に関する警告を含んでおり、ソーシャルメディア上の安全に対する新たなリスクを示しています。

出典 : https://readwrite.com/north-korean-hackers-use-chatgpt-to-scam-linkedin-users/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

ワークワンダース社は、生成AIの活用・導入について客観的な立場からご相談に応じています。

生成AIに関するご相談はこちらからご連絡ください。 当社のご支援実績はこちらからご確認ください。

著者名 :