AIの未来を巡るイーロン・マスクとOpenAIの確執

2024.06.18

WorkWonders

イーロン・マスクが先週、自身が提訴していたOpenAIとそのCEO、サム・アルトマンに対する訴訟の取り下げを発表しました。理由は不明です。
今年2月に提出された訴状によると、OpenAIが人類の福祉のためにAIを開発するという初期の目的から離れ、利益を追求する方向へと進んだとの主張がありました。
しかし、OpenAIはこれを否定し、マスクが自身のAI企業を推し進めるための言いがかりであると反論。
かつて非営利組織だったOpenAIは2019年に「キャップドプロフィット」構造の下で運営される有利子企業に変わりましたが、それはベンチャーキャピタルからの投資を惹きつける戦略でした。
マスク自身もその変化に一定の同意を示していましたが、2018年に組織の方針に異を唱えて退社しています。
なぜ訴訟を取り下げたのか混乱がありますが、これには時間をかけて見守る必要がありそうです。

出典 : https://www.ndtvprofit.com/technology/beyond-tomorrow-apple-intelligence-llm-bias-against-women-elon-musk-versus-openai-weekly-ai-roundup

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :