AI導入の落とし穴:課金トラップとハルシネーションのリスク

2024.07.08

WorkWonders

AIをビジネスに導入する際には、複数の障壁が存在します。まず、利用量に基づく課金体系は、コストが用量に比例して増加するため、全業務での適用は難しい場合があります。
さらに、特に汎用型AIモデルには、特定分野の専門知識が不足していることが多く、事業にそのまま利用すると、誤った情報や結果を生み出すハルシネーションを頻繁に引き起こす可能性があります。
それらをチェックせずに利用すると、ビジネスリスクを招くことになりかねません。
したがって、AI技術を活用する場合は慎重にアプローチし、リスクを管理することが求められます。

出典 : https://news.panasonic.com/jp/press/jn240702-3

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :