AI市長、立候補は無効?ワイオミング州が示した未来の選挙規定

2024.07.11

WorkWonders

米国ワイオミング州のララミー郡が、シャイアン市の市長選にAIプログラムの出馬は認められないと発表しました。有権者が開発した対話型AI「チャットGPT」を使用し、市政をデータに基づいて運営することを提案していましたが、州法に反すると判断されました。
郡によると、立候補者は登録有権者である必要があり、AIはこれに該当しません。男性はAIが当選した場合、実際にはオペレーターとして働くと主張していましたが、結局彼自身が候補者として立ち、受理されました。AIの出馬については州政府が否定し、議論を呼んでいます。

出典 : https://www.sankei.com/article/20240710-NDIL7RJA4BJBHDWHSR44BBCICM/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :