ダイキン工業の挑戦:社内生成AIの導入とその変化

2023.12.06

WorkWonders

ダイキン工業が生成AIを社内業務に導入し、新たな可能性を開拓しています。
2023年2月には専門の開発チームを立ち上げ、社員が利用しやすいChatGPTの環境を構築。まず、どのようなニーズがあるかを把握しました。
クラウドサービスを駆使して、社内データを保護しつつChatGPTが活用できる環境を整え、7月には社員約1万4000人が利用できるようになりました。
その結果、特にプログラミング関連の問い合わせが多いことが判明。生成AIが業務効率の改善に寄与している様子が見て取れます。
ダイキン工業はChatGPTの全社展開を進めており、ヘルプデスク業務への適用や社内文書を活用した質問応答システムも開発中です。
これにより、製造業における生成AIの有効活用が現実になりつつあります。

出典 : https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/mag/nc/18/112900392/112900001/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :