AIが見抜く!三井住友海上の新カスハラ防止策

2024.06.07

WorkWonders

三井住友海上が顧客からの過度なクレーム、いわゆるカスハラに対応するためAI技術を取り入れたシステムを導入しました。
このシステムでは、自動車の事故対応時に通話内容をリアルタイムでテキスト化し、カスハラに当たる言葉をAIが検出します。
検出された際には赤色の表示で注意を促し、場合によっては上司へメールで報告することで、事態が悪化する前に速やかな対応を目指します。
かつては社員がカスハラを受けても相談しづらい状況がありましたが、このシステムにより組織的なサポートと迅速な解決が期待できます。
三井住友海上は今後もこのシステムの効果を検証し、全国展開に向けた取り組みを進めていくとしています。

出典 : https://news.goo.ne.jp/article/fnn/nation/fnn-710667.html

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :