AIと科学者たちの複雑な関係

2023.12.20

WorkWonders

ChatGPTなどのAI技術が発表されて1年、多くの業界で話題となっていますが、科学者たちの間では賛否が分かれています。オープンAIにより2022年11月にリリースされたChatGPTは、リアルな人間のようなテキストを生成し、研究アイデアの検討、コード作成、論文執筆などに用いられています。しかし、Nature誌の調査によると、約78%の研究者が規則的にはAIを使用しておらず、使っている人の中にも研究とは関係ない楽しむためや実験として使っているケースがあります。

一方、ChatGPT-4の利用希望者であるMaxime Gauberti医師は、英語でのメール作成や推薦状の執筆に有益だと感じており、待ちわびる声も聞こえます。一方で、メンタルヘルスの研究者であるAda Kaluznaさんは、創造性を阻害すると考え、使用を避けていますし、Viswanath Vittaladevaram博士も、ChatGPTが信頼できない情報を生み出すことへの懸念から、科学的執筆からは距離を置く決断をしています。

それぞれの科学者がChatGPTをどう捉え、どう活用するかは多様で、この新しい技術が科学界にどのような影響を与えていくのか、今後の展開が見守られています。

出典 : https://www.nature.com/articles/d41586-023-04071-6?error=cookies_not_supported&code=4428b8ce-43af-4037-b2b8-bdbdfad22633

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :