次世代AI開発で新たな覇者は誰か? 企業間の熾烈な戦いとその行方

2024.01.01

WorkWonders

米国の大手テック企業やVC(ベンチャーキャピタル)が、AIの次なる革新に向けてしのぎを削っています。Google、Microsoft、Metaなどの巨大企業はデータの宝庫、強力な計算能力、クラウドサービスを制御し、新たな商機を追求していますが、市場がどのように変化するかはまだ未知数です。

しかし、柔軟に動けるスタートアップや、よりカスタマイズ可能なオープンソースAIモデルを開発する企業も存在感を増しており、大手企業が安泰とは言えません。Metaはオープンソースモデルでのプラットフォーム化を進め、GoogleがAndroidで築いたような新たなアプリエコシステムの中核を目指しています。

また、特定の市場ニッチを狙う小規模なスタートアップにもVCからの投資が集まっており、彼らがこの競争で重要な役割を果たす可能性が指摘されています。一方で、独自のデータをAIモデルに組み込む大企業や、AIモデルに必要なツールを提供する企業も成功すると考えられます。最終的にどの企業がこの競争を勝ち抜くのか、高校生にもわかりやすく、見守る必要があります。

出典 : https://www.ft.com/content/0cbe91ec-0971-4ba6-bdf1-87855aedd34c

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :