子どもたちのデジタル世界:ゲーム、学習、SNSの最前線

2024.01.27

WorkWonders

Qustodioの調査によると、子どもたちのデジタルメディア利用時間が増加しています。特にTikTokでは1日平均112分を費やし、YouTubeも引き続き最も人気のストリーミングサービスとなっています。
AI技術への関心も高まり、OpenAIのChatGPTなどのプラットフォームを利用する子どもたちが増えています。一方で、NetflixやDisney+などの有料ストリーミングサービスの利用時間は減少傾向にあり、特にNetflixは価格の上昇とパスワードポリシーの変更のために、視聴者数に影響を受けています。
しかし、ソーシャルメディアアプリの使用は依然として高い人気を保っており、新技術への順応力を維持しています。ゲームアプリではRobloxがトップに立っており、教育アプリもGoogle ClassroomやDuolingoなどが利用され続けています。
親が子どものテクノロジー利用を管理する方法や、今後予想される技術の成長についてのアドバイスも含まれており、デジタルメディアの未来への洞察を提供しています。

出典 : https://techcrunch.com/2024/01/25/kids-spent-60-more-time-on-tiktok-than-youtube-last-year-20-tried-openais-chatgpt/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :