Googleの危機とAI技術のギャップ

2024.02.09

WorkWonders

Googleは危機に直面していました。稀にしか下されない経営命令が発出されたのです。
その理由は、OpenAIが2022年11月30日にリリースした人工知能プログラム「ChatGPT」が引き起こしました。
これが世界中で注目を集め、人々の想像力を掻き立てたのです。
しかし、Googleでは、サンダー・ピチャイCEOをはじめとする幹部たちは、ChatGPTに魅了されるどころか、その問題点に目を向けます。
たとえ何かを間違えたり、バイアスに満ちた結果を返すことがあったとしても、OpenAIがそれでも製品を市場に出したこと、そしてそれが消費者に受け入れられたことが、Googleには衝撃だったのです。
この技術革新が、Googleのビジネスモデルを脅かしかねないと感じたのです。
AIが日常に溶け込み始めてから1年余り、技術企業のリーダーたちは、AIを利益をもたらすビジネスにするためのリスクと報酬を計算しています。
しかし、勝つためにはまず製品が必要です。AIを取り巻く風当たりは強いが、それでも前進するべきか、それとも待つべきか、そんな問いが彼らの頭を悩ませているのでした。

出典 : https://www.nytimes.com/2023/12/05/technology/ai-chatgpt-google-meta.html

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :