AIチップ不足解消へ、OpenAIが自前の半導体ファブ構想

2024.02.11

WorkWonders

OpenAIのCEOサム・アルトマン氏は、AIチップの不足に対応するため、自社のファブ(半導体製造工場)を構築し、維持するプロジェクトについて、マイクロソフトと話し合いを行なったという。
これは世界的な投資家から数十億ドルを調達し、半導体を製造するための工場ネットワークを築くアルトマン氏の目論見の一環である。
プロジェクトは、世界的に影響力を持つチップメーカーとの協力を含むとされ、資金調達の対象としてG42やソフトバンクグループなどが挙げられている。
しかし、協議は初期段階であり、全てのパートナーと資金提供者のリストはまだ固まっていない。
この取組みは、アマゾンやグーグルといった競合他社の手法よりも費用がかかるが、アルトマン氏は半導体ファブの設立に向けて努力を続けている。

出典 : https://timesofindia.indiatimes.com/gadgets-news/chatgpt-creator-wants-to-raise-billions-of-dollars-heres-why/articleshow/107574463.cms

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :