未来のAIメモリーの秘密

2024.02.15

WorkWonders

OpenAIの最新型チャットボット、ChatGPTにはユーザーが任意で使用できる「メモリー」機能が搭載されています。
この機能により、チャットボットはユーザーの情報を記憶し、過去の対話を基にしたコミュニケーションが可能になります。
しかし、個人データがAIの訓練にどれだけ利用されるかは明確ではありません。
OpenAIは特定の敏感情報の記憶を避けると主張していますが、例えばパスワードや社会保障番号を伝えても覚えません。

さらに、健康情報の取り扱いについても現在検討中とのこと。
OpenAIの研究者は、ChatGPTのメモリーが人間の脳に比べて大容量ではないと説明していますが、意義深い対話体験を作り出す可能性が秘められています。
ChatGPTだけでなく、GoogleのGeminiなど他の企業もメモリー機能を研究しており、この機能は今後のAIと人間の関わり方を大きく変えるかもしれません。

出典 : https://www.wired.com/story/chatgpt-memory-openai/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :