AI革命の盲点: ChatGPTの未来を切り開く

2024.02.19

WorkWonders

ChatGPTは単なる業務の効率化ツールではありません。日本では主にバックオフィス業務の効率化に用いられていますが、その潜在能力は研究開発や新しいビジネスチャンスを切り開くことにも使える可能性を秘めています。

東京都が職員向けに作成したガイドラインはバックオフィス業務の助けとなることを集中している一方で、対住民サービスなど外部への応用は積極的ではありません。金融機関も同様で、事務処理の効率化に留まっています。

しかし、これを通じてChatGPTをはじめとしたAI技術の本来の力は発揮されていない。積極的な使用と経営陣の関与によって、未来への大きな一歩を踏み出しましょう。

出典 : https://toyokeizai.net/articles/-/734869

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :