アップルの革新技術、プライバシーを守るLLM開発の噂

2024.05.03

WorkWonders

BloombergのMark Gurman記者が伝えるところによると、アップルはインターネット非接続の環境で動作する大規模言語モデル(LLM)を開発しているらしい。この技術は今後の生成AI機能の土台となり、ユーザーの速度とプライバシー保護を特に重視した設計となっている。
オンデバイスで処理を完結させることで、クラウドを利用する他社製品と異なり、性能面での劣りが指摘されているが、Googleなどからの技術ライセンスでこの差を埋められる可能性を秘めている。詳細は6月のWWDCで発表されると見られ、その技術や搭載される可能性のあるiOS 18に対する期待が高まっている。

出典 : https://ascii.jp/elem/000/004/196/4196686/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :