画期的AIサービス「カラオケ」が未来のビジネスを変える

2024.05.04

WorkWonders

2006年の設立以来、データ管理とナレッジグラフを扱うスタードッグ社は、データによって21世紀のビジネスが定義されるというビジョンを持っています。
アーリントンに本社を構えるこの会社は、NASAや防衛省をはじめとするアメリカの政府機関やレイセオン、ボッシュといった大企業を顧客に持ち、これまでに総額4,000万ドルの資金を調達しました。

スタードッグ社は最近、「カラオケ」という新しいオンプレミスサーバーを立ち上げました。このサーバーは、NvidiaとSupermicroとのパートナーシップで設計され、Stardogが開発したVoicebox Large Language Model (LLM)プラットフォームをホストします。
ユーザーは専門的なトレーニングを必要とせず、自然言語での問い合わせをシステムに入力することで、即座に所属企業の構造化されたデータに基づいた答えを得ることができます。

このシステムは幅広い分野のビジネスに役立ち、特にクラウドにデータを移行できない規制された業界での需要が高まっています。
カラオケは、クラウドのメリットを直接ユーザーの元にもたらし、安全かつ効果的でコンプライアンスを遵守するAI技術の企業への展開において新たな基準を示しています。
興味がある方はスタードッグ社のウェブサイトをチェックしてください。www.stardog.com。

出典 : https://venturebeat.com/data-infrastructure/stardogs-karaoke-offers-on-premises-zero-hallucination-llm-solution-for-enterprises/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :