アップルの挑戦: シリの革新への道

2024.06.11

WorkWonders

毎年6月にはAppleがシリコンバレーの先進的なキャンパスでiPhoneの最新ソフトウェア機能を発表しますが、今年の開発者会議では非新規の機能であるアシスタント機能「Siri」に焦点を当てます。10年以上の歴史を持つSiriですが、今回異なるのはその技術基盤に「生成型人工知能(generative A.I.)」が採用されることです。
Appleの企業開発副社長であるエイドリアン・ペリカ氏は、一般向けに生成型A.I.を導入する取り組みを主導しています。ペリカ氏は、A.I.の先駆者であるGoogleやOpenAIとの協議を進め、OpenAIが開発したチャットボット・ChatGPTの技術をiPhoneに統合するための合意に到達したと言われています。まだGoogleとの協議は続いているようですが、AppleがどのようにしてSiriを進化させ、私たちの生活を変えるのか、注目が集まっています。
Appleの動きは単なるアシスタントの更新にとどまらず、A.I.技術の大衆普及への大きな一歩を意味しているのです。

出典 : https://www.nytimes.com/2024/06/09/technology/siri-apple-ai-chatgpt.html

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :