日本発!次世代AIのチカラ

2024.06.11

WorkWonders

国立情報学研究所が開催した「オープンハウス2024」で、SB Intuitionsの井尻善久氏が、大規模言語モデル(LLM)と生成AIのリスクと対策について語った。

SB Intuitionsは、ソフトバンクの子会社として、日本語で最高品質のAIを目指す。彼らは独自の学習アルゴリズムを使い、国内最大規模の計算基盤で日本特有の文化や歴史を理解できるAIの開発を進めている。

最新テストでは、他の優れたモデルをしのぐ正解率を見せている。井尻氏は、この精度は計算能力やデータ量、そして安全性を考慮した3+1モデルの結果だと説明する。これからも日本語に特化したAIのさらなる発展が期待される。

出典 : https://news.mynavi.jp/techplus/article/20240610-2961277/

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :