生成AIの”オープンソース”実態とは?最新研究が探る

2024.06.11

WorkWonders

オランダのRadboud University Nijmegenの研究者たちが、「生成AIにおけるオープンソースの実態」についての調査結果を発表しました。
オープンとされるAIシステムが数多く登場していますが、実際には全てがオープンというわけではなく、その程度は様々です。
EUではオープンソースのAIが法律で優遇される可能性があり、研究やイノベーションを促進するためには、オープンソースの基準を明確化する必要があります。

言語生成モデル40件と画像生成モデル6件を対象にした調査では、特に大手企業製のモデルは非公開の部分が多く、オープン性が低いことが明らかとなりました。
これに対し、全情報を公開しているStable Diffusionなど一部のモデルは、真にオープンであると言えます。
この結果は、AIのオープンソース化の進展とその課題を示唆しています。

出典 : https://www.itmedia.co.jp/aiplus/articles/2406/10/news056.html

【このニュース記事はAIを利用して書かれています】

著者名 :